太陽光発電をご利用中の皆さまへ 大切なお知らせがございます。

FIT法は、設備認定から事業計画認定へ改定されました。既に発電している方も、期限までに発電事業計画を提出しなかった場合、「認定失効」となります。平成29年4月からFIT法が改正され、点検・警告の提出が「義務化」されました。改正FIT法では、設備自体ではなく、事業性に対する「事業計画認定」に移行し、長いスパンで有意と認められた太陽光発電のみを認定することになりました。多くのメンテナンス業者がいる中で、「ナカタケ」が選ばれています。目視点検だけでは何の意味もありません!メンテナンス内容を確認することが重要です。改定FITに伴い、多くの業者がメンテナンス事業に参入していますが、そのメンテナンス内容をよく見るとほとんどが「目視点検」です。目視点検は費用が安く設定されているため、初期費用が抑えられるように思われますが、緊急駆けつけ、敷地内の清掃、パネル清掃、除草などは別途料金となり、結局は多額の費用が掛かってしまうケースが多々ありますので、注意が必要です。

事業計画の届出やメンテナンスのことなら、太陽光発電システム施工実績北陸3県トップクラスのわたしたち「ナカタケ」にお任せください。

「ご存知でしたか?太陽光発電システムには、多くのトラブルが潜んでいることを。」

改正FIT法への対応にお困りではないですか?

・発電事業計画認定の申請方法がよくわからない。・発電所を複数保有しているが、全てを申請する時間がない。・クライアントからの依頼が多数あるが、対応する人手が不足している。・発電量が適正かどうか心配。・安心安全な発電所を維持・運用するための体制が不十分である。 事業計画作成やメンテナンスも、「ナカタケ」にお任せください。

必要手続き及び発生する義務

メンテナンス契約がまだの方はお早めにご加入されることをおすすめします。お問い合わせはコチラ 0120-037-241

無料見積り承ります!

屋根・瓦・太陽光発電ならナカタケにお任せください!
ご相談はお気軽に!

フリーダイヤル0120-037-241 tel.076-238-2121

fax(瓦).076-237-0066 fax(電気工事).076-238-5002